Photog by Peter Vidani
Tumblrによって提供されています

"若い時は、いつまで経っても、自分の人生だけは、まだまだ本格的に始動していない気がするものだ。人生は、いつまで経っても、次の週、次の月、次の年、そして次の休暇が終わってからやってくるもので、いつかずっと先に起こる出来事でもあるかのように思い込んでいる。それでも、いつしか突然、歳をとってしまい、予定していた人生などやってこないことにも気づく。そこでようやく自問自答を始めるようになる。「それなら、それまで存在してきたあの間奏曲(インターリュード)は一体、騒然としたあの乱痴気騒ぎは一体、何だったんだろう?」"

giantpandaphotos:

© Shinyai Ichinohe.

(元記事: pensieri-sbiaditi (pedalfarから))


(元記事: stockingssexy (pedalfarから))

敬和×日報Newsナビが1周年|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア →

時論公論 「"満蒙開拓団"の史実に学ぶ」 | 時論公論 | 解説委員室:NHK →

許可より謝罪 - nanapi社長日記 @kensuu →

"工学部で数少ない女子は可愛くなくてもモテる、という現象は工学部男子の「あるものでなんとかする」というエンジニア精神を体現していて粋であるがそれよりも高専ではよく (可愛いかどうかはともかくとして) 女装子が生まれる、という現象に見える高専生の「無ければ作る」精神を僕は評価したい。"

テーマは「社会につながるリベラルアーツ」、大学パンフを紹介してきました - 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学 →

Keynoteでプレゼンテーションをする際のディスプレイ設定。本番直前で焦らないために。 / 旧:あなたのスイッチを押すブログ →